ボードゲーム

宝石の煌めきでイケオジ(貴族)を煌めかせるルールを考えてみた!

 

こんにちは、りっこです。

 

今、一番ハマっているボードゲームはスプレンダー(宝石の煌めき)です。

 

初めてプレイしてから1か月。

 

家で旦那と二人でやったり、友達や家族と4人でやったりと楽しんでいるのですが、ふと思ったのです。

 

 

イケオジ(貴族)、ほぼ出番なくない?

 

 

ただの飾りじゃない?

 

 

…ということを。

 

 

このイケオジを輝かせるにはどうしたらいいのか?

 

オリジナルルールを考えて遊んでみることにしました。

 

とにかく、貴族(イケオジ)が欲しい。

 

イケオジの寵愛を受けたい。

 

貴族に見初められて、玉の輿に乗りたい。

 

そんな一身で、もっと貴族が輝けるルールはないかと考えてみました。

 

スポンサーリンク

 

スプレンダーオリジナルルールを考えてみた

通常の宝石の煌めきのルールでは、15点が上がり点ですよね。

そして、貴族は3点。

 

なので、貴族の寵愛を受けようと思っても、貴族が私達プレイヤーの宝石商としての才能を見抜く前に、大体勝負は決しています。

(先見の明のない貴族たちだわ!)

 

また、場のコスパの良いカードを狙わずに貴族を取りに行こうとすると、大体負けます。

 

貴族の目はかなり厳しいようです。

 

貴族に見初められるのはかなり大変。

 

それなのに3点しかもらえないって、もう割に合わないんですよね。

 

最初から、貴族のことなんて気にする価値がないのです。貴族なのに。

 

 

貴族獲得点を倍にしてやってみる

なんとか貴族を煌めかせたい!

 

そこで、まず私と旦那が考えたルールは、

 

貴族を6点(通常の倍)にする。

 

というものです。

 

6点ももらえるなら、貴族を狙う価値があるような気がするし、貴族を獲得するのは中々大変だからゲームバランスも崩れないのでは?

 

と思ったのです。

 

ちなみに、貴族の人数も増やしました。

 

 

通常プレイ人数+1の貴族の数ですが、今回は2人プレイなのに5人の貴族でやってみました。

 

これなら貴族を狙える宝石のバリエーションも増えるので中々いい感じでは??と思ったのです。

 

早速、イケオジ狩り、のスプレンダーをやってみました。

 

ちなみに私のオシメンはこの貴族

 

かっこいいでしょ!一目見たときから彼にイカれてるんだ!私。

 

 

ちなみに、さらにどうでもいいでしょうけど、この貴族は…

 

 

うちの旦那に似ています。

 

 

そして、この貴族6点ルールでプレイを何回かした結果

 

旦那 2勝(貴族獲得)
私 2勝(貴族獲得なし)

 

…旦那はイケオジ(場合によってはイケオバ)を獲得して上がったにも関わらず、私は全

然貴族が獲得できませんでした。

 

ヒドイ…。こんなに好きなのに。

 

旦那は2回貴族を獲得して勝利しました。

 

…が、私が勝った2回はもう貴族を諦めて通常のプレイをしました。

スポンサーリンク

 

旦那が勝った2回は、私も旦那もイケオジを獲得することのみに熱を上げたプレイでした。

 

正直、貴族の点数を倍の6点にしても、貴族を狙うよりも、コスパの良い宝石を狙っていく戦法の方が強いのでは?と思いました。

 

 

貴族全員集合でやってみた!

狙える貴族が5人だと、色の組み合わせも限られてくるから狙いにくいのでは?

と思い、いっそ貴族10人全員集合でもプレイしてみました。

 

 

イケオジも、教育熱心そうな女性も、ヒステリックそうなオババも、肥え太った貴族も全員集合。

 

やってみた感じは…

それでも、貴族獲得するより普通にプレイした方が強そう。でした。

 

もうこのゲームで貴族が煌めくことはないのでしょうか?

 

みんなでイケオジを取り合う乙女ゲーのような事にはならないのだろうか…?

 

あがり点を20点にする

続いて、貴族の点数を5点にし、さらにあがりの得点数を15点から20点に変更してみました。

 

20点と、勝ち点が中々届きにくい得点であれば、場の宝石カードを狙いつつ、貴族を狙う戦法がバランスが良いのでは?と思ったからです。

 

あがり点数を高くしても、ゲーム後半は手元のカードが増えてくるので、それほどプレイ時間は伸びませんでした。

 

また貴族の人数も増やし二人プレイで5人の貴族を向かい入れました。

 

ゲームバランスは中々よく、このルールで楽しめたのですが…

 

運の要素がより強いかも…!

 

という感じがしました。

 

また、宝石の色の相性が良い物を集めていけばダブルで貴族を狙いあがることもできます。

 

このルールでプレイすると、スタンダードルールではほとんど輝くことのなかった貴族が勝ち点に必須となり、輝きました。

 

貴族獲得コストを-1にする

さらにもう一つ、貴族獲得コストを一つ下げるというものにしました。
点数は3点のままです。

あがり点も15点のままです。

 

例えば…

 

この私のオシメンの場合は、白4青4の宝石を集めないといけません。
が、このルールの場合は、白4青3または、白3青4と一つ足りなくてもイケオジが来てくれるという設定にしました。

 

案外この-1は貴族を狙いつつ、上がることもできるし、貴族を狙わないという戦略も死なないのでバランスがいい感じでした。

 

 

宝石の煌めきで貴族を輝かせるオリジナルルール考察

今回は、旦那と二人プレイでいろいろと試してみたので、プレイ人数が変わるとまたゲームのやり応えは変わるかもしれません。

 

二人でやってみた結果…

・あがり点20点、貴族5人、貴族得点5点

 

が一番貴族が重要になり、貴族が煌めくことのできるルールかもしれないなあ、と思いました。

 

 

・貴族獲得コスト-1ルール

 

が一番、貴族がただの飾りものにもならずバランスが良い感じかな~と思います。

 

普段のスプレンダーのプレイに加えて、貴族と戯れたくなったら、この貴族重要ルールに変更して楽しんでいこうと思ってます^^

 

 

 

 

 

その他、ボードゲームの記事はこちらから↓

 

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

スポンサードリンク
書いてる人

 

こんにちは、りっこです。

20代後半アラサー大人女子です。
大人女子?ええ、もちろん、大人☆女子です。
横浜在住の子なし夫婦の二人暮らし^^
お出かけや美味しいもの、演劇鑑賞(キャッツ!)ボードゲームが好きです。

→詳しくはこちら

こちらの記事がよく読まれてます
人気ジャンルをまとめました

旦那と二人で出かけた一泊二日の箱根旅ルートを紹介しながら、 箱根の人気スポットの記事をまとめました。


ハワイでの楽しかったこと、困ったこと、恥ずかしかったことをまとめてみました。


気に入ったボードゲームのレビューや考察など!


ミュージカルCATSの記事をまとめました!
  最近の投稿
こちらから記事を検索できます♪
コメント
ブログランキング参加中
カテゴリー
FOLLOW ME