遊びと娯楽

ディズニーの絶叫に乗れない!苦手でも乗れる乗り物と、上手な断り方は?

 

ディズニーランドもディズニーシーも好きだけど、絶叫系アトラクションは乗れないりっこです。

こんにちは。

 

大人になった今は、女子グループでディズニーに行くことも減り、

旦那や家族と行くばかりで、乗りたいアトラクションだけ乗って、苦手なジェットコースターは避けている私。

 

でも、中学生や高校生のころ、友達グループと出かけた際は、絶叫系アトラクションが本当に憂鬱でした。

 

今回は、ディズニーに絶叫好きの友達と遊びに行く際、ジェットコースターのできるだけ気まずくならない断り方と、

どうしてもの場合、怖くない(と思われる)アトラクションを紹介します。

 

 

スポンサーリンク

ディズニーの絶叫に乗れない…!

 

子供のころに母に騙されスプラッシュマウンテン(未遂)やスペースマウンテンに乗せられたせいかはわかりませんが、

私は絶叫系が苦手です。

 

でも、友達と行くと、絶叫好きな人が多く、

 

「ディズニーに行くならスプラッシュマウンテンに乗らなきゃ行く意味ないよね☆」

 

という子もいるのが事実…。

 

「私、ジェットコースター苦手なんだ…」

 

というと、たちまち

 

「えー!楽しいよ☆絶対大丈夫だって!!一緒に乗ろう♪」

 

と言ってくれます。

もちろん、こういう友達に悪気はゼロ。本心で行ってくれています。

また、昔絶叫が苦手で克服したタイプの子だと…

 

「ジェットコースターなんて慣れだよ♪私も昔嫌いだったけど、友達に無理やり何度も乗せられて好きになったの☆」

 

と、語ってくれます。

 

ジェットコースターが好きな人にとって、絶叫マシンの爽快さ、スリルは本当に楽しいものなのでしょう。

そして、その楽しさを、私とも共有したいと思ってくれている、これは純粋に嬉しいことです。

 

 

・・・が、しかし!!!

 

 

人には向き、不向きがあります。

誰しもが絶叫嫌いを克服できるわけではないんですよね。残念ながら…。

 

それに、自分自身が絶叫を克服したいと思っているのであれば、頑張って克服するのもいいですが、

無理して我慢してまで、克服しなければいけないものではないと思います。

 

 

 

でも、学生時代の私は無理して友達に合わせて乗っていた事実があります。

本当は断りたい!でも断って空気悪くなるのは嫌・・・。

 

難しい問題です。

 

ジェットコースターの断り方

 

中学生、高校生のころは「絶叫を克服したい!」

という気持ちもあったのですが、大学生になってからは「もう克服するのはやめよう」と、諦め、

友達とディズニーへ行っても絶叫は断ることにしました。

 

 

あらかじめ絶叫マシンには乗れないといっておく

 

私をディズニーに誘ってくれるなら、私は絶叫マシンには乗れないからね♪と伝えておきます。

誘われた瞬間に言うのが良いと思います。

 

そこで

 

「えー!一緒に乗ろうよ~!」

 

と言われたら、

 

「それは本当に無理だから、今回は遠慮しておくね」

 

と、ディズニー行き自体断ります。

ディズニーに友達とはいきたいですが…、絶叫に乗れないのであれば仕方がありません。

 

もし、絶叫系が苦手な友達が自分の他にいたらラッキー☆

絶叫好きと嫌いで、一部別行動ができますもんね。

 

でも中々そんなシチュエーションって中々ないのも事実…。

 

一つだけ乗ることにして他は断る

 

幸いにも、私はディズニーの中で、「ビッグサンダーマウンテン」だけは楽しく乗ることができます。

なので、

 

「ビッグサンダーマウンテンだけは頑張って乗る。でも他は本当に無理なの…。ごめんね。」

 

と言って断ります。

 

一つでも乗れるものがある場合は結構有効です。

 

乗りたい人と乗りたくない人の妥協点という感じです。

 

後で、ディズニーの絶叫で苦手な人でも乗りやすいものを紹介します。

 

 

乗るとどんなヤバイことになるのか説明する

 

「以前、無理してスペースマウンテンに乗ったとき…吐いてしまって、ディズニーの方にご迷惑をおかけしたことがある」

 

 

「無理して絶叫マシンに乗って、具合が悪くなったことがある。」

 

 

などと、真面目に、深刻にヤバさ加減を切々と伝えるのです。

 

食べ物でたとえるのであれば、

 

「私、生牡蠣って嫌いなのよね」

 

ではなく、

 

「私、生牡蠣食べると蕁麻疹が出て大変なことになるの」

 

ってな具合で…。

 

嫌いな食べ物なら「本当は美味しいよ!」とか「体にいいよ!」とか食べさせてくる人もいるでしょう。

でも、アレルギー体質であれば無理やり食べさせる人はいません。

 

ジェットコースターも同じ。苦手な人はもう苦手な体質なのです。

なのでちょっと大げさにでも「ゲロったことある」と言ってしまう。

スポンサーリンク

 

ちょっと罪悪感は伴いますが、もうこう言っても乗せようとする友達は、もはや友達ではないのでは…と思います。

 

 

友達に乗らないことを強要しない

 

ジェットコースターが苦手で乗りたくない人を無理やり乗せる友達は最悪の自己中だと思います。

 

でも、

 

ジェットコースター苦手だから乗らない、でも、遊園地で一人待つのは嫌だから、乗りたい子には我慢してほしい。

 

これもまた自己中です。

 

これだけ考えが合わないのであれば一緒にディズニーにはいかないほうがいい。

 

私は、「自分は乗らないけど、みんなは乗ってきて!私はお土産見てるね♪」

 

と言っています。そして実際お土産屋さんで楽しんでいます。

 

やっぱりディズニーに行って、いくら本人が望んでいるとはいえ、一人ぼっちにさせるというのは、

友達にとっても気が引けることだと思うんですよね…。

 

なので、こっちはこっちで楽しんでるから大丈夫だよ~♪とできるだけ私を置いていく友達のうしろめたさを軽減させたいなと思っています。

 

ちなみにディズニーならファストパスで入ってもらえば、別行動の時間も短時間にできるのでいいと思います。

私もこの前、旦那とですが、ディズニーシーに行ったとき、レイジングオブスプリッツのファストパスを旦那が取って、

一人で乗ってきてもらいました^^

別行動の時間30分もなかったかな~って感じです。

 

それか朝一の開園直後の待ち時間が少ないうちに行ってもらうか…。

 

案外ディズニーって一人でお土産みたりカフェに入ったりしても楽しめるものですよ。

 

ディズニーで絶叫が苦手でも乗れるものは?

 

ディズニーにある絶叫系アトラクションを一覧にしてみましょう。

 

ディズニーランドは

 

・ビッグサンダーマウンテン

・スペースマウンテン

・スプラッシュマウンテン

・ガジェットのゴーコースター

・スターツアーズ

 

ディズニーシーは

 

・タワーオブテラー

・センターオブジアース

・レイジングオブスプリッツ

・インディージョーンズ

 

などが怖さを伴うアトラクションだと思います。

(絶叫苦手派目線です。)

 

ディズニーランドで絶叫の中で怖くないやつは?

 

ディズニーランドで絶叫が苦手な人でもイケるんじゃないかな?って思っているのは…

ガジェットのゴーコースターです。

乗っている時間も短いですし、ジェットコースターが苦手だけどとりあえず乗ってみてどんな感じか試したいという人にはぴったりかもしれません。

 

あと、ジェットコースターではないのですがカリブの海賊は最初の方に落ちる部分があります。(といっても重力に任せて少し降りる程度ですが)

まずはそれに乗ってみて、カリブの海賊ですら本当に怖いようであれば、

もう本当にジェットコースターが無理なんだと思います。潔く、乗るのを諦めることができるかも。

 

まずは試してみるというのもいいかもしれません。

 

 

ディズニーシーで絶叫の中で怖くないやつは?

 

ディズニーシーはランドに比べるとジェットコースターの怖いレベルが高いと思います…(-_-;)

 

正直、苦手な人は、レイジングオブスプリッツもセンターオブジアースも、タワーオブテラーもNGだと思います。

 

その中で、乗りやすいのはフライングフィッシュコースター

お子様向けの短いジェットコースターで落ちる場所がないので、浮遊感が苦手な人も乗れると思います。

 

次に、インディージョーンズです。これも落ちるところはほとんどなく(最後にちょっとだけ落ちる)

早くてすごく揺れる、大きな音、気持ち悪い虫がいるくらいなので、絶叫が苦手な人でも乗れるんじゃないかな?と思います。

 

まず、乗ってみよう!という人はフライングフィッシュコースターとインディージョーンズに挑戦するのが良いのではないかな?と思います。

 

 

ディズニーで絶叫に乗らなくても楽しむ!

 

私は絶叫苦手派ですが、一応、ディズニーのアトラクションは全部乗りました^^

ランドも、シーも。

 

本当に絶叫が苦手であれば無理する必要はないと思いますが、

食わず嫌いならぬ、乗らず嫌いであれば、1度はあまり怖くないのから乗ってみるっていうのもいいんじゃないかあ~と思います。

 

もしかしたら「楽しい!」と思えるかもしれませんしね。

 

それでも無理な場合は、もう堂々と断りましょう。

でも、乗りたい友達の気持ちも尊重して、少しの間の別行動…。

 

大学生になってから、友達と行くときも絶叫を無理しない(乗りたい絶叫は乗るけど)ようになったことで、

よりディズニーランドやディズニーシーが好きになりました。

 

友達にノリが悪い・・・と思われたらいやだなって気持ちはわかりますが、

本当の友達なら無理にジェットコースターを強要しないはず…。

 

勇気をもって断るのも、友達ともっと仲良くなるための一歩になるかもしれません。

 

 

 

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

スポンサードリンク
書いてる人

 

こんにちは、りっこです。

20代後半アラサー大人女子です。
大人女子?ええ、もちろん、大人☆女子です。
横浜在住の子なし夫婦の二人暮らし^^
お出かけや美味しいもの、演劇鑑賞(キャッツ!)ボードゲームが好きです。

→詳しくはこちら

こちらの記事がよく読まれてます
人気ジャンルをまとめました

旦那と二人で出かけた一泊二日の箱根旅ルートを紹介しながら、 箱根の人気スポットの記事をまとめました。


ハワイでの楽しかったこと、困ったこと、恥ずかしかったことをまとめてみました。


気に入ったボードゲームのレビューや考察など!


ミュージカルCATSの記事をまとめました!
  最近の投稿
こちらから記事を検索できます♪
コメント
ブログランキング参加中
カテゴリー
FOLLOW ME