遊びと娯楽

アソビルの脱出ゲーム「Escape from The NINE ROOMS」へ行ってきた!

こんにちは、りっこです。

 

横浜駅みなみ東口にオープンしたアソビルのリアル脱出ゲームに行ってきました。

最近ハンター試験からの脱出に行って、脱出ゲームにハマり始めています(笑)

 

ネタバレには注意しつつ、今回参加した「横浜ヒミツキチオブスクラップ」の脱出ゲーム「Escape from The NINE ROOMS」がどんな感じだったかの感想や、

 

クリアできなかったけどもっとこうすれば…!という反省点(ネタバレなし)

 

実際楽しかったのかの感想なんかをお話したいと思います。

 

 

Escape from The NINE ROOMSはどんな感じの脱出ゲーム?

今回参加した「Escape from The NINE ROOMS」はその名の通り9つの部屋を脱出するゲームになります。

 

1つの部屋を脱出すると、2つ目の部屋があり、そこを出ると3つめの部屋…

といった感じで9つ全ての部屋を脱出できれば脱出成功!となります。

(前の人が詰まっていたら、待つことになりますが、制限時間は消費されない。)

制限時間は50分です。

 

ただ、すごく早く謎を解いて9つ目の部屋に十分に時間を残して進んだとしても、9つ目の部屋だけは制限時間が最大10分となってしまいます。

 

 

知らない人とグループを組まされることはなく、一緒に参加した人と部屋に閉じ込められます。
一人で参加の場合は一人でチャレンジすることになります。

 

私は旦那と二人で参加しました。
部屋の広さ的には二人~三人がちょうど良いかなという感じです。

ちなみに一人でも参加OKらしいですが、一人だとコレ大変そう…、私ならムリ!という謎がありました。

 

また、「五感」を駆使して謎を解いていくというコンセプトらしく、テレビの謎解き番組のような謎はありませんでした。

 

触る、見る、聞く、嗅ぐ…などなどいろいろな要素があります。

 

「五感」と聞いて、あれ「味覚」は?と思ったのですが、

 

私がクリアできた7つ目の部屋までの間に「味覚」はありませんでした。

ていうか…さすがに味覚は…どうなんでしょう?ないよね?あるのかな?

 

白い粉とかがあってペロって舐めて…

 

「こ、コレは青酸カリ!?」

 

なんて…そんなことあり得ないですもんねえ…。

 

 

Escape from The NINE ROOMSの脱出の難易度

私は、脱出失敗でした。( ;∀;)

7つ目の部屋までで終了。時間切れです。

 

その日の脱出率が会場に表示されていたのですが、
お昼の時点で11%となっていたのでそこそこ高いのかもしれませんね。

もちろん、日によって違うとは思いますが…。

 

ただ、何度挑戦しても良い脱出ゲームで、再チャレンジの人もいるかもしれませんし、
また、時間切れになってしまってもコンテニューをすることができるので、純粋にコンテニューもなしでクリア…となるともしかしたらもう少し少ないのかも?

スポンサーリンク

 

ちなみに、私にとっては難しかったです!

頭を使う問題、というよりは「発想力」「ひらめき力」って感じです。

 

私、頭堅いんだわ~(>_<)

 

ほとんどひらめけず、一緒に行った旦那ばかり謎を解いてました( ;∀;)

 

でもお勉強ができなくてもできる問題なので子供でもできそう!って感じです。

公式の推奨対象年齢としては中学生以上ということなのですが、大人と一緒なら小学校高学年くらいの子どもなら楽しめるかと思います。

 

実際、春休みということもあって、孫とおばあちゃん?って感じの組み合わせの方も楽しんでいるようでしたよ~。

 

 

Escape from The NINE ROOMSの感想

Escape from The NINE ROOMS、クリアはできなかったけど楽しかったです。

 

ただ、制限時間50分がちょっと厳しかったです…( ;∀;)

 

まあ企画側も、ヒントもあるし50分で解いてもらわないと回転率もあるし…厳しいというところもあるんでしょう。
また、一人800円でコンテニューができる、というのも制限時間の短さへの配慮なんだと思います。

 

でも、それで二人で参加した場合一人3100円かあ…と思うと、ちょっと高いかな(-_-;)
と個人的には思いました。

 

(私の発想力がしょぼくて全然謎が解けなかったからそう思ってしまうのかも…というのは多大にあると思います。)

 

ただ、部屋の中を探索したり、色々考えたりするのは楽しかったです!

 

 

もっと自分を鍛えたい…!

 

 

Escape from The NINE ROOMSのコツや参加の準備

クリアできなかった私がコツを話すのもおかしな話ですが、
もっとこうすればよかった…!!というのは…。

 

謎を解くときに、部屋全体をまず良く見ることだったり、
「五感」の中で何を使うんだろう?って考えてみる視点だったりですかね。

 

 

あと、狭い部屋の中を結構動きまわるので暑くなります。
荷物もたくさんあるとかなり邪魔なので、受付で300円でクロークに預けられるそうなので預けちゃったほうがいいかも。
スマホは持ち込みOKなので預けずに持っておいた方がいいですね。

 

また、結構体を使うので、おしゃれして行くよりも動きやすい恰好で行った方がいいかも…。
部屋の中がすごく汚いということはないのですが、お気に入りで汚したくなくて、洗濯できないような一張羅でくると、そっちが気になって楽しめない気がします。

 

 

脱出ゲーム「Escape from The NINE ROOMS」の感想まとめ

「Escape from The NINE ROOMS」がとても楽しかったけれど、50分という時間制限が厳しい…というのが大きかったですね。

 

前回初めて参加したリアル脱出ゲーム「ハンター試験からの脱出」とはまた全く別の楽しさがありました。

 

 

今度は、アソビル内にもう一つある「ハートの女王からの脱出」にもチャレンジしてみたいと思います。

一度くらいは脱出成功してみたいわ~!

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

スポンサードリンク
書いてる人

 

こんにちは、りっこです。

20代後半アラサー大人女子です。
大人女子?ええ、もちろん、大人☆女子です。
横浜在住の子なし夫婦の二人暮らし^^
お出かけや美味しいもの、演劇鑑賞(キャッツ!)ボードゲームが好きです。

→詳しくはこちら

こちらの記事がよく読まれてます
人気ジャンルをまとめました

旦那と二人で出かけた一泊二日の箱根旅ルートを紹介しながら、 箱根の人気スポットの記事をまとめました。


ハワイでの楽しかったこと、困ったこと、恥ずかしかったことをまとめてみました。


気に入ったボードゲームのレビューや考察など!


ミュージカルCATSの記事をまとめました!
  最近の投稿
こちらから記事を検索できます♪
コメント
ブログランキング参加中
カテゴリー
FOLLOW ME