お家を快適に

エアコンが故障した時、修理依頼する前に試したい事&確認したい事

こんにちは、りっこです。

 

夏の時期、エアコンが故障してしまったら、かなりヤバイですよね。

この暑い時期に…って感じです。

 

でも、エアコンが壊れるのは大体、夏の暑い時期。

 

もしも「あれ?エアコンが故障しちゃったかも?」って思ったら、購入店やメーカーに修理依頼をすることになります。

でも、もしかしたらリセット方法や少しお手入れをしてあげることで、復活する可能性もあります。

 

すぐにエアコンメーカーに問い合わせをすると、暑い時期でみんなが電話をかけているので、すぐに繋がらず、待たされることもありますし、
折角電話がつながっても「○○を確認してからもう一度お電話ください」なんて言われてしまい二度手間になることも…。

 

今回は、エアコンが故障かも!?と思ったら、試したいことと、メーカーのコンタクトセンターに問い合わせる前に確認した方が安心なことなどをお伝えしたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

エアコンが故障したら試したい事

 

エアコンが故障かも…?Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

 

と、一言で言っても色々なパターンがあります。

 

ここでは、パターン別に、どんなことを試したらよいかをお話したいと思います。

 

エアコンのリモコンが動かない

私も以前、ダイキンのエアコンを使っていて、リモコンが壊れてしまったことがあり、「リセット方法」というのを試してみました。

 

別記事にまとめています^^

 

 

上記のダイキンリモコンの復旧方法は他のメーカーでも試してみる価値があるかも…。

 

リモコンのリセット方法を試しても復旧せず、壊れている場合は、エアコンまたは、リモコンの型番をチェックして、使用しているエアコンのメーカーや量販店から取り寄せる必要があります。
(楽天やアマゾンなどのネットショップでも売っていたりします。型番で検索してみるとあるかも。)

 

リモコンを買い替えるまでの間、エアコンが使えないのはしんどいですよね。

 

エアコン本体にも、電源を入れる、切る、ができるスイッチがあるはずですので、本体の電源を入れて、エアコンを動かすことができます。

温度調整やモードの変更はできず、自動運転になることがほとんどで、夏場になればとりあえず涼しくはしてくれるはずです(;^ω^)

 

 

エアコンから出る風が出ないまたは、冷たい風が出ない

暑くて、エアコンの電源は入ったのに、冷たい風が出ず、なんとなく生ぬるい風しかでない…。

 

という場合は、室外機が動いているかチェックします。

 

動いているのに、涼しい風が出ない場合は、室外機の裏が埃や汚れで詰まっている可能性があります…!
埃が詰まっていたら掃除してあげるのも手段の一つです。

 

エアコンから風は出ているけど部屋が冷えない。

エアコンから、冷房っぽい風は出ているけど、風量が弱い…。
そんな場合はフィルターが汚れている可能性があります。

 

冷房を稼働する前にフィルターを掃除していなければ、フィルターをきれいに掃除して、もう一度試してみるといいかも。

スポンサーリンク

 

エアコンが故障してるっぽいときに試したいこと

室外機の裏も、フィルターも掃除した。
でも、エアコンがうまく動かない、エラーコードが出る。

 

そんな時に試したいのがエアコン本体のリセット方法です。

 

やり方は簡単。

 

エアコンの電源を切り、コンセントも抜いて、1分ほど放置。

 

以上です。

 

1分たったらもう一度エアコンをつけてみて、正常に動くようになっているか確認です。

 

メーカーに「故障した!」と電話すると、この「電源リセット」を試すよう言われたりするので、電話する前に試しておけば、2度電話をかける手間が省けます。

 

しかも、それで直ったら、ラッキーですしね♪

 

 

エアコンの故障し修理依頼する前に確認したいこと

フィルターなどの掃除をしてもダメ。
電源リセットをしてもダメ。

 

そんな時、いよいよメーカーや購入店へ連絡して修理依頼をすることとなります。

修理依頼をする前に確認したいことは2点

 

①エアコンの機種名
②保障はどうなっているか

 

です。

 

まずは、エアコンの機種名を確認する必要があります。

普通の家庭用のエアコンであれば、エアコンの両サイドのどちらか、または、下の部分に型番が書いてあります。

リモコンにも型番らしき文字列が書いてあることがありますが、リモコンから本体を特定するのが難しい場合もありますので、本体の機種名を確認しておきたいところです。

 

続いて、「保障はどうなっているか?」です。
ほとんどのメーカーは、メーカーとして「1年保障」としているところが多いです。
が、家電量販店で購入した場合「10年保証」などの追加保証に入っている場合もあります。

 

このオプションで付けるような保障は、メーカーの保証ではなく、家電量販店の保証になりますので、

 

エアコンメーカーに

「買った時に10年保証に入りました。買ってから10年以内だから無料で修理してもらえますか?」

と言っても、対応して貰えないことでしょう。

 

なので、家電量販店の保証に入っている場合は、必ず購入したお店へ修理依頼、相談をしてみると余計な手間がかからず良いと思いますよ。

 

もちろん、家電量販店さんの保証に入っていなくても、購入したお店であれば修理の依頼も受け付けていますので、そちらに相談してみるのも良いかと思います♪

 

 

エアコンが故障かも…!?と思った時のまとめ

夏場にエアコンの調子が悪いなあ…と思ったら…

 

・フィルターの掃除
・室外機の裏が詰まってないかチェックして掃除
・電源リセット

 

を試してみます。

 

それでもダメであれば、機種名を確認し、修理依頼ですね。
もしも、家電量販店さんの保証に入っていれば購入したお店へ修理依頼。
特に保証など入っていない場合は、購入した量販店またはメーカーに修理依頼。

 

と、こんな手順であれば、無駄なくスムーズにエアコン修理依頼までの道を駆け抜けることができると思います。

 

早くエアコンが復旧しますように…!

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

スポンサードリンク
書いてる人

 

こんにちは、りっこです。

20代後半アラサー大人女子です。
大人女子?ええ、もちろん、大人☆女子です。
横浜在住の子なし夫婦の二人暮らし^^
お出かけや美味しいもの、演劇鑑賞(キャッツ!)ボードゲームが好きです。

→詳しくはこちら

こちらの記事がよく読まれてます
人気ジャンルをまとめました

旦那と二人で出かけた一泊二日の箱根旅ルートを紹介しながら、 箱根の人気スポットの記事をまとめました。


ハワイでの楽しかったこと、困ったこと、恥ずかしかったことをまとめてみました。


気に入ったボードゲームのレビューや考察など!


ミュージカルCATSの記事をまとめました!
  最近の投稿
こちらから記事を検索できます♪
コメント
ブログランキング参加中
カテゴリー
FOLLOW ME