ミュージカル

劇団四季へ観劇に行くときの服装(髪型、鞄、靴)やマナーについて考えてみた。

こんにちはりっこです。

 

この前、友達を誘って劇団四季のキャッツを観に行ったのですが、
その友達は劇団四季をはじめ演劇を観に行くのが初めてのお友達でした。

 

その子に、「どんな服着ていけばいいかな?ドレスコードとかあるの?」

と聞かれました。

 

私は、「ドレスコードなんてないよ。普通でOKよ^^」

と答えました。

 

そうか、初めて「演劇」や「ミュージカル」を観に行くとなると服装にも気をつかうものなんだな…!と目から鱗でした。

 

実際、劇団四季の観劇に行くときはドレスコードはなく、ジーパンにTシャツ、ビーサンでも、止められることはありません。

 

でも、「普段着でOK!」とは言いつつも、私、自分が観劇に行くときはどんな服装を、どんな注意点やポイント選んでいるかな?

と考えてみたので、お芝居の観劇に行くときの服装について、今日は書いてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

劇団四季へ観劇に行くときの服装は何がいい?

私が劇団四季をはじめ、演劇を観に行くときの洋服選びで気にしている事を考えてみました。

 

 

服装のポイント3つと、鞄や靴、髪型についても考えてみましたよ。

 

 

観劇の服装のポイント①楽であること

 

一番優先しているのは楽であること、です。

 

演劇って、2時間くらいじーっと座ってるんですよ。(休憩はありますが)
だから締め付けが苦しい服装とかだと結構つらい。

ウエストがきついスカート。座ると太ももを締め付けるジーンズ。
こんなものを着て行ったら、苦しくってミュージカルに集中できないっ!

 

立っているときは大丈夫でも座るときつくなるズボンとか結構多いんですよね。え?私だけ??

 

 

観劇のポイント②広がりすぎるスカートは履かない

 

 

フワフワのフリルたくさんレースもばっちり☆なんてスカートは持っていないのですが、
夏場などのロングスカートで布地が多いのか座ると結構広がっちゃうスカートがあります。
隣の席にはみ出たら、迷惑かな?と思って、広がりすぎるスカートは履かないようにしています。

 

 

観劇の服装のポイント③ちょっとはおしゃれすること

オペラではあるまいし、ミュージカルだから服装は普段着でOKです。
ドレスを着たりする必要は全くないんですよね。
(逆にドレスを着てたら浮くと思います…ドレスの人、見たことないです。着物の方はたまにいらっしゃいます。)

 

でも、せっかくの観劇!劇団四季のミュージカル!ということで普段着の範囲でおしゃれをしてテンションをあげてます。

特に意味のない自己満足ですが、お芝居も楽しいし、おしゃれをしたら気分も上がるし、総合的に一日の満足度があがると思います。

 

ただし、派手過ぎないようにという注意はしています。

おしゃれはします。でも派手☆華美☆にはならないようにしています。
まあ、そんな華美な服はもっていないんですが…。

 

こんな人は中々いないと思いますが、スパンコールがキラキラとついた服装だと、照明などが反射し他のお客さんにまぶしい思いをさせてしまうこともあるんだとか…。

 

あと、目立ちすぎも恥ずかしいので、普段のデパートに行くような服装の範囲でおしゃれを楽しんでいます。

 

 

観劇の時の髪型はおろしていく

観劇の時に、髪の毛を高い位置でお団子にしていると、後ろの席の人が舞台を観にくくなったりと迷惑になる可能性があります。

 

じゃあ、高すぎず、真ん中くらいならいいかな??とも思うのですが、
真ん中くらいだと背もたれに持たれたときにお団子が邪魔して自分の居心地が悪い…。

というわけで、私は観劇に行くときは髪の毛は下したスタイルにしています。

 

 

 

観劇に行くときの靴

観劇に行くとき靴は適当に服装に合わせて行ってます。
なんでも大丈夫です。サンダルでもブーツでも。

これも「楽なもの」がいいと思います。

 

私がこの前行ったときは、ベルトがついてるサンダルで行きました。

 

履きなれてないもの、足が痛くなっちゃうものだと、脱ぎたくなっちゃうし、演劇に集中できないから、履きなれていて楽なものがよいですね~^^

 

観劇の時の鞄は小さめに

服装という分類でいいのかは謎ですが、
持ち物は必要最低限にして、できるだけコンパクトなバッグで出かけてます。

たまたま用事があって大きい荷物があるときはクロークがある劇場が多いので、預けています。(ない場合はコインロッカーとかに)

 

自分が座る客席は一席分。重たい荷物だと膝に抱えているのも疲れちゃいますよね。

 

大きい荷物を自分の足元に置くこともできますが、
自分より奥の席の人が後からきて出入りするときにいちいち持ち上げたりしないといけなくなります。

なので、バッグは小さめにしてます。

 

 

観劇へ行くときの持ち物

 

ちなみに、私が観劇に行くときの持ち物は…

 

・小さいペットボトルのお茶
・ハンカチ
・ティッシュ
・財布
・スマホ
・パスモやスイカなど交通系電子マネー
・小さく折りたためるサブバッグ的なやつ

 

これくらいですね。

お茶は500mlだと小さいバッグには入らないので250mlのを買います。
開演前や休憩中にロビーで喉を潤すには必需品!

 

あとはサブバッグ?エコバッグみたいなのを持っていくときもあります。
プログラムを買って入れるためです。

プログラムを買うと袋に入れてくれるパターンと入れてくれないパターンがあります。

 

ちなみに、現在東京で行われている劇団四季のキャッツはプログラムを買っても袋はもらえません。
キャッツのグッズであるトートバッグを買うしかありません。

グッズとしてのバッグを買う予定であればエコバッグはいらないと思います。

 

私は次回キャッツに行くときにプログラムを買おうと思っているんですが…。
キャッツバッグを買うか、自分で袋を持参するか悩み中です♪

スポンサーリンク

観劇のマナーのその他のこと

 

私が演劇を観に行くとき、どんな服装にしてるかな~と考えてみたのが以上ですが、
その他、観劇のマナーについてもちょこっと書いてみたいと思います。

 

マナーなんて言っても、まあ、普通の人ならほとんど大丈夫です。
敢えて、書くほどの事でもないのですが、一応…。

 

・観劇中は帽子は外す
・前のめりはNG 背中は背もたれにつける
・携帯、スマホは電源を切る!(バイブ音も結構目立つのでマナーモードも×)
・おしゃべりしない
・基本的に飲食はできない
・ビニール袋など音がなるようなものは持ち込まない

 

これくらいですかね。
飲食については、例外もあります。飲食OKという劇場もありますね。
でも劇団四季ではそういうの、ないんじゃないかな?って感じです。

 

 

ついつい悪気なくやり勝ちなのが「前のめりでの観劇」です。

舞台に集中してくるとついつい体が前のめりになって…となってしまう気持ちはわかるのですが要注意です。

 

実は、前のめりで観てしまうと、後ろの席の人、横の席の人の視界に入ってしまい、
隣、後ろの人は舞台が観にくくなってしまうんですね(-_-;)

 

なので、夢中になっても背中は背もたれと仲良く!
自分の姿勢的にも背もたれに背中をつけている方が楽ですよ~。

 

 

劇団四季へ観劇へ行くときの服装 まとめ

 

普段私が演劇やミュージカルを観に行くときの服装について改めて考えてみました。

以上を踏まえた結果、服装としてはワンピースで出かけていることが多いと思います。

ワンピースって、ファッションセンスが残念な私が来てもおしゃれだし。

ウエストを締め付けないから体もとっても楽!

 

あ・・・

 

なんだか食べ放題へ行くときのようなテンションで服装を選んでいることに今、気が付きました。

 

実際、劇場へ行ってみると、劇団四季なんかは子供連れもまあまあいますし、

動き安い普段の服装という人も多いですよ。

 

特に緊張して洋服を選ぶ必要はまったくなし^^

 

食べ放題へ行くような気軽さで、劇場にも足を運んでみると良いかと思います!

 

 

 

 

その他、キャッツの関連記事はこちら↓

 

 

 

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

スポンサードリンク
書いてる人

 

こんにちは、りっこです。

20代後半アラサー大人女子です。
大人女子?ええ、もちろん、大人☆女子です。
横浜在住の子なし夫婦の二人暮らし^^
お出かけや美味しいもの、演劇鑑賞(キャッツ!)ボードゲームが好きです。

→詳しくはこちら

こちらの記事がよく読まれてます
人気ジャンルをまとめました

旦那と二人で出かけた一泊二日の箱根旅ルートを紹介しながら、 箱根の人気スポットの記事をまとめました。


ハワイでの楽しかったこと、困ったこと、恥ずかしかったことをまとめてみました。


気に入ったボードゲームのレビューや考察など!


ミュージカルCATSの記事をまとめました!
  最近の投稿
こちらから記事を検索できます♪
コメント
ブログランキング参加中
カテゴリー
FOLLOW ME