人付き合い

旦那の友達の集まりに行きたくない!付き合い方や断る方法を考えてみた。

毎年、お盆と年末年始に旦那の実家のある大阪へ帰省します。
義実家との関係は良好で、私は旦那の母も父も好き。

義実家と過ごす時間は、気を使わないわけではありませんが、それなりに楽しく過ごしているし、苦痛ではありません。

 

 

しかし、一つだけ、帰省の時期に、苦痛なことがあります。

それは、旦那友人との付き合い。

旦那は友達と家族ぐるみで仲良くしていきたいらしいのです。
この旦那の友達の集まりに行きたくありません。面倒なのです。
正直、ごめんこうむりたいのです。

 

なので、旦那の友達の集まりに行くモチベーションや、
断るとしたらどんな方法があるか、考えてみました。

 

 

旦那の友達の集まりに行きたくない。

旦那の友人は基本的には良い人です。
嫌いになる理由はまったくありません。

 

むしろ、旦那と長い間友達でいてくれて、これからも友達で居続けてくれることに感謝しかないくらいです。

そう「感 謝 し か な い」。

 

だから、私も仲良くしたいです、という気持ちは微塵もないのです。
いや、最初は頑張ろうと思いました。旦那の友達と仲良くなろう、と思いました。
でも、仲良くなれなかった。

私はそもそも人付き合いが苦手なのです。

 

ほとんど知らない旦那の友人達と、その奥さまとご飯に行くことが、帰省の際に、1.2回はあります。

 

旦那は人に対して気を遣える方です。
旦那友人の奥さんにもたまに話題を振り、輪に入れるようにしている節がある。
例えば、友達がお手洗いに立った時、一人残された友人の奥さんに積極的に話を振ったりもします。

しかし、旦那の友達は多分良い人なのですが、気は使えるほうではないのです。

私に話を振ったり、ということは全くありません。
それか、私があまりにも地味すぎて見えていないのかもしれません。

 

 

まあ、それは仕方のないことです。
それはむしろ旦那の友達に期待するのではなく、旦那が私にもっと気を遣えよ、という話でしょう。

 

旦那との友人の集まりでは、私は完全に空気なのです。
空気といっても、透明人間ではないのだから、無愛想な顔をしているわけにもいきません。
空気といっても、その集まりに参加している実体のある人間なので、
知らんぷりしてスマホを弄り続けているわけにもいきません。

そんなことをしたら、旦那の友達に
「お前の嫁、感じ悪いな」と思われること間違いなしです。

 

 

旦那の友達との付き合い方

では、ここで、私が社交的になってみてはどうでしょうか?
社交的、というのが、どういうのか、社交的であったことのない私にはわかりませんが、考えてみることにしましょう。

 

私にできることといえば、
居酒屋で、誰も頼まなそうなゲテモノ風料理を注文し、美味しそうに食べ、ツッコミを待つこと。
または、普通の食べ物に奇抜な調味料をかけて美味しそうに食べ、はたまたツッコミを待つこと。
ボケに徹してツッコミを待つことしかできません。
これで、誰一人ツッコンでくれなければ悲しすぎます。
ドン引きされる可能性すらあります。

 

 

これを、世の人は社交的な人というのではなく、ただただ、天然ボケを装う、痛々しい人と呼ぶのでしょう。

では、こういうのはどうでしょうか。

 

大学生のノリで、乾杯の後に一発ギャグを自主的にブッこむのです。
…そんな度胸があれば、私の人生は今とは違うものになっていたことでしょう。

 

 

現実的な線で行けば、話を振ってもらうのを待つのではなく、
こちらから積極的に話しかけていくというスタイルもありますね。
そもそもそれは、恐ろしくハードルの高い行動です。

 

仮にそれができたとしても、かなりウザイのではないでしょうか。
旦那の友達がおしゃべりをしたいのは私ではなく旦那。
旦那が話したいのも久々に会ったお友達。

 

結局のところ、今まで通り、ニコニコと愛想笑いを浮かべ、

私には向けられてないであろう会話に、不自然でない相槌を打ち、この集まりがお開きになるのを待つ他ないのです。

 

そうだ、これは、表情筋の筋トレだ。

きっとそうに違いありません。

 

常に、不自然でない程度の笑みを湛え続けるには、それなりの表情筋が必要です。

この表情筋の筋トレにより、私の顔はきっと小顔になるはずです。

ホウレイ線やシワの予防にもきっとなるでしょう。

 

この旦那の友人たちとの集まりは、表情筋の筋トレ。
いわば、表情筋専門の「ジム」だと思えばよいのです。

自然な笑顔で、相槌を打つ、最高のパフォーマンスをしてあげようではないか。
私の、表情筋のために。

 

 

 

 

 

ああ、苦痛。そうは思ってもやっぱり苦痛…。

スポンサーリンク

 

 

しかも、その場所は大阪。
私の知らない大阪の街。

 

旦那は、私を見知らぬ大阪で一人にするよりは、と集まりに私を参加させるのかもしれません。

 

では、大阪で旦那だけ友達と遊びに行き、私は義実家で待つというのはどうでしょうか?

子供がいればそれもいいかもしれませんね。

しかし、今現在、私には子供はいません。

 

義実家に残れば、おそらく義母は私に気を遣ってくださるでしょう。私ももちろん使います。

二人きりです。義母と二人きり。

 

これは義母と仲良くなる良いチャンスかもしれません。

でも、義母は嫌かもしれません。面倒だと思うかもしれません。
私が義母ならきっと思ってしまうでしょう。

 

 

つまり、私は大阪では、金魚のフンのごとく旦那についていくしかないのです。

 

 

仕方がありません。私は完全に空気だけど、デレカシーのない話を振られたり、

傷つけられてりするわけではありません。我慢しましょう。
表情筋を鍛えてもらっているのだ、と思い耐えましょう。

 

 

 

旦那の友達との集まりを断る方法を考えてみました。

本当にそうでしょうか。

 

本当にこの集まりからは逃げられない?

 

 

そうだ、私が大阪で予定を作れば良いのではないでしょうか。

 

 

我ながら、名案を思い付きました。

 

 

例えば…

「観劇の予定をいれる」というのはどうでしょう。

大阪でしか観られない、演劇を観たい。

でも、面白いかわからないしチケット代高いから一人で行くね。
面白かったら今度一緒に行こう。…と。

 

これなら自然です。

ちなみに大阪には劇団四季の劇場があります。

小劇場でロングラン上演しているギアも観に行ってみたいです。
ギアは京都ですが、大阪からもアクセスが良いです。
吉本新喜劇もいいかもしれません。

 

 

演劇であれば映画などとは違い「この場所のこの時間」しか見られないという特性があります。

流石、演劇。生ものは違います。

良し。次回、帰省の際はこの作戦で行ってみることにしましょう。

乞うご期待!

 

ちなみに、
素直に、
「友達の集まりに行きたくない。」と言えば良いだけの話であるように思われるかもしれませんね。

 

…しかし、そういえば、旦那は
「そっか…。じゃあ今回は友達と会うのやめる」と言いだしかねません。

それはなんだか可愛そうで、年に2回しか会う機会がないのに、それを奪うのは流石に心苦しいです。

 

 

もしも、旦那の友達との集まりや食事会を断る良い理由や、
楽しむ社交的な術を知っている方がいらっしゃいましたら、
是非とも教えてください。お願いします(-_-;)

 

私ももっと良い方法がないか、引き続き、考えてみます!

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

スポンサードリンク
書いてる人

 

こんにちは、りっこです。

20代後半アラサー大人女子です。
大人女子?ええ、もちろん、大人☆女子です。
横浜在住の子なし夫婦の二人暮らし^^
お出かけや美味しいもの、演劇鑑賞(キャッツ!)ボードゲームが好きです。

→詳しくはこちら

こちらの記事がよく読まれてます
人気ジャンルをまとめました

旦那と二人で出かけた一泊二日の箱根旅ルートを紹介しながら、 箱根の人気スポットの記事をまとめました。


ハワイでの楽しかったこと、困ったこと、恥ずかしかったことをまとめてみました。


気に入ったボードゲームのレビューや考察など!


ミュージカルCATSの記事をまとめました!
  最近の投稿
こちらから記事を検索できます♪
コメント
ブログランキング参加中
カテゴリー
FOLLOW ME