ボードゲーム

カタンの開拓者たちをやってみた。面白い?難しい?ハマる理由を考えてみた!

こんにちは、りっこです。
「カタンの開拓者たち」というボードゲームを初めてから、はや6か月。

半年間も飽きずに月2~3日くらいのペースでカタンで遊び倒してます(笑)

 

今回は、今ハマっているカタンの開拓者たちの口コミということで、実際にやってみて感じた、面白さや難しさ、
おすすめポイントなどをお話したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

カタンの開拓者たちとは?

 

カタンの開拓者たちとは、2人~4人まで遊べるボードゲームです。(拡張セットを使えば6人まで遊べる。2人プレイはややつまらない)

ドイツ発祥のボードゲームで、人気が高く、世界大会も行われる程、全世界で愛されているボードゲームです。

 

 

 

どんなボードゲームかざっくり説明しますと、

 

「カタン島という未開の土地へやってきた開拓者たち。資源を集め、家や街を作り、どんどん開拓し発展させていく」

 

というロマンあふれるゲームです。

 

「カタンの開拓者たち」通称「カタン」は、サイコロの出目による運。判断力、交渉力など様々な要素によって勝敗が決まります。

運だけでなく、自分の判断や交渉で勝敗が左右されるところが面白く、人気のある由縁のひとつだと思います。

 

 

カタンの開拓者たちの口コミ

 

私がカタンに出会ったのは、ヨドバシカメラでのことでした。

その前の日にテレビで、芸能人が9マス将棋で対戦するバラエティ番組を見ていまして、

旦那が「9マス将棋をやろうよ!」と言い出したことにより、ヨドバシカメラで9マス将棋の将棋盤?などを買おうと思っていたのでした。

 

将棋をはじめ、色々なゲームがあるおもちゃコーナー。

そこで、たまたま目についたのが「カタンの開拓者たち」というゲームでした。

 

パッケージの説明と、ちょこっとスマホでこのカタンの開拓者たちのボードゲームの口コミを調べ、9マス将棋と一緒に即買いしたのでした。

 

それ以降、9マス将棋には全く手を付けず(笑)カタンばっかりやっています。

 

長々と、私とカタンとの運命的な(?)出会いについて説明してしまいました。すみません。

そうそう、実際にやってみた感想でしたね。

 

そ、それが…。

 

 

 

 

 

 

超絶面白い!危険なほど面白い!

 

 

 

 

 

 

ボードゲームってこんなに面白かったんだ!!

カタンを家に持ち帰って、深夜1時近くまで遊んでしまいました。旦那と2人で。

普段は11時過ぎには眠るこの私が、1時まで、眠気を感じることなく、夢中で遊んでしまいました。

 

ただ、カタンは2人プレイにはあまり向いていません。

2人だとどうしてもカタンで重要な要素である「交渉」が意味をなさないため、面白さは半減。

すぐに、どうにか人を集めて、3人、または4人で遊びたい、と心にきめました。

 

深夜1時まで遊んだその晩は、カタンの面白さへの興奮が冷めやらず、

またいい感じに脳を使ったことにより、目がさえてしまい、中々寝付けませんでした。

 

夢の中でさえ、初期配置を考えたり、サイコロを回したり、どちらに道や家を建てるか考えたり…

眠った後も夢の中でカタンをやってしまう程、ハマってしまったのです。コレはかなり危ないボードゲームかもしれません。

スポンサーリンク

 

 

その後、カタンを4人でプレイするために、私の実家へ旦那と一緒に帰り、母と姉と4人でカタンを楽しむことになりました。

姉も母も、すぐにカタンにハマり、今では月1~2回ほど私の実家でカタン大会が開催されております(笑)

 

また、カタンには「スタンダード版」の他にも拡張セットが様々あります。

「商人と蛮族編」や「航海者編」や「都市と騎士編」「探索者と海賊編」など様々なシリーズが出ています。

それぞれのシリーズは、作りこまれたストーリー。ちょい足しだけで楽しめる広がる戦術など、カタンをプレイするものたちを飽きさせません。

 

私たちもすでに「商人と蛮族編」「航海者編」を購入し、拡張編も楽しんでいます。

拡張編は新な楽しみがあり、最高です。でも拡張編をやった後、やっぱりスタンダード版に戻り「スタンダードがやっぱり最高だわ」

という最高さもあります。

 

 

もはや最高さしかありません。

 

 

 

まあ、まずはカタンの開拓者たち、スタンダード版を騙されたと思って遊んでみることをおすすめします。

楽しいです。ハマってしまうかも。ごめんなさい。

 

 

カタンの開拓者たちは難しい?

 

ボードゲームを始めるとき、そのボードゲームが難しいのか簡単にできるのか、心配になると思います。

確かにカタンは「交渉」がゲームの重要な要素の一つのため、難しいのではないか?バカにはできないんじゃないか?

と不安になると思います。

 

人生ゲームなどルーレットを回すだけのボードゲームに比べたら、やはりカタンは難しいといえると思います。

が、一度ルールを覚えてしまえば単純です。

 

ルールは、2,3回繰り返しゲームを行ううちにほぼ完ぺきに覚えることができますよ。

ただ、どうしても「あれ?こんな時はどうするんだろう?」とか「コレはルール的にありなの?」と迷ってしまう場面もしばしばあります。

 

というわけで、こちらにわかりにくい、間違えやすいルールを紹介してみました。(個人調べ)

 

あとはルールブックを観たり、公式がユーチューブでカタンのルールを動画で紹介しているのでそちらを見るのもわかりやすいですよ。

 

 

 

 

ちなみに、余談ですが。

カタンの開拓者たちを旦那が、会社の後輩たちと遊んだことがあるんですって。

その時、カタンのルールを素早く飲み込み、ゲーム中、うまく立ち回れる人と、ゲーム中無駄な事ばかりしてしまう人といたそうです。

そして、それは完全に仕事のできるできないに一致していたんだとか(笑)

 

効率的にゲームを進めることができるか、うまく交渉することができるか、頭の体操にもなりそうです。

 

私の母ももう60歳を過ぎていますが、ルールもちゃんと覚え楽しくプレイしています。

この我が家のボードゲーム大会が母のボケ防止に一役買っているのではないかと個人的には思っています。

 

 

カタンの開拓者たちの感想 まとめ

 

というわけで、今回はカタンの開拓者たちというボードゲームのレビューをしてみました。

 

私は日常生活で決して頭が良い方ではありません。が、カタンのルールもちゃんとすぐに覚えることもできましたし、

家族うちでやるカタンではちゃんと勝つこともできます。(もちろん負けることだって多いですが)

 

60歳を超えた母も楽しくゲームができるくらい、カタンの開拓者たちは老若男女問わず楽しめるゲームなんじゃないかなあと思います。

子供にはちょっと難しい面はあるとは思いますが、吸収力の高い子供だったらすぐにルールも覚えられるんじゃないかなと思ってます。

 

 

カタンは今まで、私の家族や旦那の友達、私の姉からその彼氏や友達へ…と布教?していますがみんなハマっています(笑)

 

 

もちろん好き嫌いは人それぞれなので「カタンは面白くない!他のボードゲームの方が面白いよ」という人もいるとは思いますが…

まあそれを言ったらキリがありませんね(笑)

 

カタンは人生ゲーム程「運」だけのゲームではなく、

「将棋」や「囲碁」ほど戦略や先を読む力重視で、上手い下手に差が出るものでもなく、

一緒にプレイする人、みんなが少しずつ上達していけば面白さも増すゲームだと思います。

 

なので「運」だけのゲームは物足りないけど「運」の要素も楽しめるボードゲームがやりたいんだ!!

多少頭も使ってプレイしたんだ!

 

という人にはおあつらえ向きなゲームだと思います。

 

ぜひ「カタン」で新しい開拓者としての人生を初めてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

その他、ボードゲーム関連の記事はこちら↓

 

 

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

スポンサードリンク
書いてる人

 

こんにちは、りっこです。

20代後半アラサー大人女子です。
大人女子?ええ、もちろん、大人☆女子です。
横浜在住の子なし夫婦の二人暮らし^^
お出かけや美味しいもの、演劇鑑賞(キャッツ!)ボードゲームが好きです。

→詳しくはこちら

こちらの記事がよく読まれてます
人気ジャンルをまとめました

旦那と二人で出かけた一泊二日の箱根旅ルートを紹介しながら、 箱根の人気スポットの記事をまとめました。


ハワイでの楽しかったこと、困ったこと、恥ずかしかったことをまとめてみました。


気に入ったボードゲームのレビューや考察など!


ミュージカルCATSの記事をまとめました!
  最近の投稿
こちらから記事を検索できます♪
コメント
ブログランキング参加中
カテゴリー
FOLLOW ME