健康

生理を遅らせるピルの購入方法と値段。保険は適用される?

 

こんにちは、りっこです。

ハワイ旅行へ出かける予定があるのに、生理と被りそうという事実が判明!ピンチ!!

楽しみにしていた海外旅行や、みんなで入る温泉旅行の時とか、結婚式とか、絶対被りたくない行事と生理が被ると最悪ですよね。

 

しかし、生理はピルによって時期を調整することができるんですよね。

 

実は、新婚旅行の時にも生理と被りそうで、ピルを処方してもらったので、

生理を遅らせるためにピルを利用するのがコレが二回目。

 

でも初めての時って、結構どうしたらいいかわからないんですよね。私も友達に教えてもらいました。

 

今回は、生理を遅らせるためのピルの購入方法と値段、保険が効くかどうかについてお話します。

 

スポンサーリンク

 

生理を遅らせるためのピルの購入方法は?

 

生理を遅らせるためのピルを入手する方法はただ一つ。

 

産婦人科か婦人科へ行き処方してもらうこと。

 

以上です。

 

産婦人科って、行き慣れてないと行きにくいですよね。

何か緊張するし、不安ももちろんあります。

もしも手軽にドラッグストアとかネット通販とかで買えるならそっちの方が手軽で良い!

って思うのですが、残念ながら処方箋がないと処方してもらえないお薬なのです。

 

もし、ネットで販売しているようなところを見つけても、私はちょっと怖くて手を出せないかなあ…。

 

生理を遅らせるためのピルの診察内容は?

 

私も初めて産婦人科に行ったのは、新婚旅行と生理が被りそうで、生理をずらすためにピルを処方してもらうために受診しました。

 

ものすっごい怖かったです。

 

「旅行で生理を遅らせたい、なんて真面目な先生に怒られないだろうか…」

 

「お股パッカーンして、内診されるのだろうか…」

 

がしかし。その心配は杞憂に終わりました。

 

初めての産婦人科だったので問診票を記入します。

 

・今日来た目的(旅行のために生理を遅らせるピルの処方を希望)

・生理周期

・妊娠の可能性の有無

・前回の生理日

・アレルギーなどの有無

…などなど、普通の病院での初診の時とほぼ同じ内容です。

 

そして、看護婦さんに名前を呼ばれ、いざ先生とご対面。

 

特に内診や細かい検査などをすることなく、問診のみでした。

 

問診票に書いたこと以外にも、

 

「旅行に行く日、期間」

「どこへ行くか」(海外だと時差とかあるから)

 

を聞かれて、あっさり処方してもらえました。

「○月○日から旅行の終わる○日まで飲んでね。大体24時間間隔で飲んでください」

と教えてくれました。

 

そして、

 

「成功するといいですね」

 

と言ってくれて、ホッとしました。(´・ω・)

 

心配していた内診や、先生に「けしからん!」と怒られるという自体にもならず、安心しました。

 

産婦人科に入ってから、病院を出るまで約30分もしなかったと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

生理を遅らせるピルの値段は?

あっさりと簡単に済んだ、ピルの処方ですが、費用は中々の金額です。

病院によっても多少差があると思いますが、

 

私の場合は…

 

診察料…約4300円

薬代…2010円(プラノバール13錠分)

合計6310円

 

と、合計6310円という価格になりました。

 

お薬の錠数にもよりますが、大体6000円~7000円くらい見ておくのが良さそうです。

錠数によっては1万円とか行く可能性もあるのかも…。

 

 

 

 

生理を遅らせるためのピルは保険が適用されない?

 

生理を遅らせるピルには中々の値段がかかってしまいました。( ;∀;)

 

なぜこんなに高いのかというと、実は生理を遅らせるためにピルを処方してもらう場合、保険が適用されないのです。

そのため、普段、保険適用であれば3割自己負担で、かなり医療費が安くすみますが、

今回は10割、全額負担!!

 

病院によっては保険適用でやってくれるところもあるのかな??

 

と思う人もいるかもしれませんが、残念ながらありません…。

法律で、生理を遅らせるためのピルの処方は保険適用にしてはいけないと決まっているんですって。

なので、もし保険適用でピルを処方してくれる病院があるとすれば…不正請求のやばい病院ということになります(-_-;)

 

また、生理を遅らせるためじゃないピルなら保険適用されるのかな?と思ったのですが、

月経困難症で、ピルが必要など、明確な病気が原因でのピル処方は保険適用の場合もあるそうなのですが、

生理を遅らせるためや、生理周期を整えるため、避妊のため…という理由でのピルは保険適用にならないんですって。

 

この出費は中々痛いですが…、6000円程度で旅行から生理の心配を排除できるのであれば安いものだ!と思うことにしています。

 

 

生理を遅らせるためのピルの購入方法まとめ

 

というわけで、生理を遅らせるピルの購入方法や値段などの説明をしてみました。

 

海外旅行、温泉旅行、結婚式、新婚旅行…など大事なイベントと生理が被りそうな時は、

ちょっと高いけどピルを使えば、安心して旅行を楽しむことができます…!

 

今回も出費は痛いけれど、ハワイに備えてピルを服用中!

失敗してしまうこともあるらしいから、完全に安心とはいきませんが、後はピルを信じて忘れないように服用し続けるのみ…!!

成功しますように♪

 

 

スポンサーリンク

     健康   0

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

スポンサードリンク
書いてる人

 

こんにちは、りっこです。

20代後半アラサー大人女子です。
大人女子?ええ、もちろん、大人☆女子です。
横浜在住の子なし夫婦の二人暮らし^^
お出かけや美味しいもの、演劇鑑賞(キャッツ!)ボードゲームが好きです。

→詳しくはこちら

こちらの記事がよく読まれてます
人気ジャンルをまとめました

旦那と二人で出かけた一泊二日の箱根旅ルートを紹介しながら、 箱根の人気スポットの記事をまとめました。


ハワイでの楽しかったこと、困ったこと、恥ずかしかったことをまとめてみました。


気に入ったボードゲームのレビューや考察など!


ミュージカルCATSの記事をまとめました!
  最近の投稿
こちらから記事を検索できます♪
コメント
ブログランキング参加中
カテゴリー
FOLLOW ME