旅行とお出かけ

ハワイでマリオットの勧誘を受け、タイムシェアの説明会へ参加した話。

 

こんにちは、りっこです。

家族で出かけたハワイ旅行の思い出で、色濃く残っているのが、マリオットのコオリナリゾートのタイムシェアの勧誘!(笑)

 

実際にマリオットのコオリナリゾートの体験と説明会に参加してきて、かなり色々考えたのでそのことを記事にしたいと思います。

 

主に、コオリナリゾートは楽しかったのか、説明会はどんな様子で、ゴリ押しされたのか…

契約しなくても怖い目に合わないか…などなどお話したいと思います。

スポンサーリンク

 

 

ハワイでマリオットの勧誘を受けた。

 

ハワイ到着初日。私達家族は近畿日本ツーリスト経由でハワイ旅行の予約をし、シェラトンワイキキに宿泊しました。

近畿日本ツーリストでハワイ旅行の説明を受けているとき、マリオットの女性の営業さんがやってきました。

 

「ハワイのコオリナというところに素敵なリゾートがある。」

 

とおっしゃるのです。

そして、そこはマリオットの経営するリゾートで、色々楽しめるんだとか。

このマリオットのコオリナリゾートまで行き、2時間説明会を聞けば、

契約しようとしなかろうと、1日コオリナリゾートを体験、満喫できる。というのです。

 

例えば…

 

「プールもあるし、きれいなビーチにも行ける。」

「ジャグジーもある!サウナもある!」

「この近くのビーチであの嵐がライブをした。」

「近くにはディズニーのアウラニリゾートもあって、そっちも見に行ける。」

「ホノルルは最近雨が多いけど、コオリナはホノルルが雨でも晴れていることが多い。」

 

 

と、素敵なメリットがたくさん。

 

さらに、それだけに飽き足らず、コオリナリゾートに足を運び説明会を受ければ、

 

「$100のギフトカードプレゼント」

「コオリナリゾートにある、ロンギーズのパンケーキの無料チケットもプレゼント」

 

と、特典もありますよ!と言ってくるのです。

 

 

コオリナリゾートは、リゾート感あふれる、ゆったりと過ごせる南国のリゾートで、

2時間の説明会さえ聞けば、海やプールで遊べるし、サウナやジャグジーでリラックスしてもいいし、

嵐がライブしたビーチに行ってみてもいいし、ディズニーリゾートの方のお土産屋さんで買い物をしてもいい。

しかも、100ドルの特典もつく。

 

こんなオイシイ話がありますか!?

 

 

1日かかる内容ですが、ちょうど私達、ツアーも予定もいれていないフリーの日が一日ありました。

 

正直、最初は美味しい話過ぎて、疑いました(笑)

 

あ、あやしい…。そんなのウマイ話があっていいのか…。

タダより高いものはない、と人は謂う…。

 

と。でも、少し悩みましたが、近畿日本ツーリストというそこそこ大きな旅行会社のツアーデスクで、堂々と怪しい勧誘ができるはずないし…。

ということで、1日、マリオットのコオリナリゾートで過ごすことにしました♪

 

$100のギフトカードはリゾートに行くことを決めたその瞬間に頂けました。

そしてその日のディナーの軍資金にすぐにしました♪

 

 

ところでタイムシェアって何なのでしょう?

 

 

その時、私達は誰一人「タイムシェア」について知りませんでした。

 

ま、どうせ高額な商品だろうし、素敵だな~と思っても現実的に契約できずに終わるだろう。

だからタイムシェアが何だろうと、とりあえず1日ハワイのコオリナリゾートとやらを楽しませてもらいましょう。

 

 

…その時は、そう思っていました。

 

 

マリオットのコオリナでの説明会の様子について。

 

さてハワイ滞在4日目。

コオリナリゾートへ出発。朝8時にバスに乗り込み9時頃にコオリナリゾートに到着。

その後簡単な説明を受けて、11時にもう一度集合し説明会開始ということで、一時解散。

 

早速、コオリナリゾート内を楽しみます。

 

まずはコオリナリゾート内にあるパンケーキのお店、ロンギーズにて朝食。

 

 

 

 

ロンギーズのパンケーキは、今まで食べたことがないくらい、最高においしかった。

またロンギーズのパンケーキを食べに戻ってきたい。心からそう思うほどに美味。

 

朝食を食べた後、説明会開始の11時まではまだ1時間程ありました。

 

プールや海で遊ぶには短いので、とりあえず、ビーチを散策し、リゾート内をぐるりと一周してみることに。

 

 

 

海は、ワイキキの海より、前日に出かけたハナウマ湾の海より透き通っていてとてもきれいでした。

 

ワイキキはとても楽しいところでしたが、少し都会すぎて、南の国のリゾート感は少なかったですが、

コオリナにはそのリゾート感がばっちりありました。

ゆったりと流れる時間。波の音。澄んだ海。おしゃれなプール…。

 

その時、タイムシェアについて何も知らなかったので、ここを契約する人はどんな人だろうか、と思いを馳せました。

 

…IT社長の愛人とかが住んでいるのかしら?

…芸能人が別荘代わりに買っているのかしら…。

 

「タイムシェア」について全くの無知だったので、

数千万~数億円で、このマリオットの部屋の一室を買うのかと思っていました。(実際は全然違いましたが…)

 

 

そんなことを考えながら、約束の11時。説明会の時間になりました。

 

 

ところで、「説明会」その言葉を聞いて、あなたはどんな様子を思い浮かべますか?

私たち家族は、広いホールのようなところに今回の参加者が集められて、大学の講義がごとく、

このマリオットの魅力や金額、未知なる「タイムシェア」というものについて説明を受けるのだと思っていました。(英語で)

 

 

 

…ところが、現実は全く違いました。

 

 

 

なんと、一家族に一人、敏腕営業マンがつくのです。

そして、その営業さんのほとんどが、女性でした。

 

 

「私に売れないタイムシェアはないっ!!」

 

 

といった感じのキャリアウーマンでできるオンナって感じの素敵な女性です。

私達の所にもそんな素敵な女性がついてくれました。

 

私達家族は一様に、恐れ、慄きました。うまく、やり過ごすことができるだろうか。

そして、同時に、この女性に申し訳なく思いました。

 

この時点で、私達の購買意欲は0(笑)

数千万のお買い物はできません(金額は思いこみでしたが…)

 

なので、私達家族に2時間も時間を割いてくれても、この方の営業成績にはならない。

本当に申し訳ないな。と思いました。

 

 

まずは、タイムシェア物件の内覧です。

実は、リゾートを満喫できる、ということの他、この物件の内覧を私は非常に楽しみにしていました。

私は、モデルルームなどの物件を見るのがとても大好きなのです。

 

マリオットの物件は、とても素敵でした。

コンドミアムという、キッチンが付いたお部屋。

2LDKと1Rがくっついたお部屋で、2LDKだけ、1Rだけ片方だけ借りると選ぶこともできるとの事。

 

置かれているソファーなどの家具も高級感があり素敵です。

 

 

お部屋は今回私達が宿泊したホテルの部屋よりもずっと素敵で高級そうで、

お風呂もシャワーと湯船と別々についていて、窓から見える風景もリゾート感溢れていて、何もかもが最高でした。

 

 

もう一度ハワイに来れて、こんな素敵なリゾートに泊まれたら、なんて最高なんだろう。

 

 

夢は膨らむ一方、どうせ高額なんだろうな。無理だろうな。とどこか一歩引きながら内覧を済ませました。

 

 

その間、敏腕営業ウーマンは私達に色々な質問を投げかけました。

 

 

・ハワイは初めてですか?

・ハワイ、楽しんでますか?

・新婚旅行はどこへ行ったんですか?

・海外旅行はよく行かれるんですか?

・今回は何泊ですか?

・今回いくらくらいでハワイに来たんですか?

・今回はどちらのホテルに宿泊しているんですか?

・今回は誰の発案でハワイに来たんですか?

 

 

などなど一見、世間話ともとれる内容を、非常にナチュラルに、答えやすく質問してきます。

 

 

営業の女性は、とても丁寧で、明るく、話しかけやすい印象の女性。

このコオリナリゾートの良さを魅力的に伝えてくれるけれど、強引な印象は全くありませんでした。

本当に、このコオリナリゾートが大好きで、私達にとっても本当に良いものだから、この良さを余すことなく伝えたい!

そんな、素敵な女性でした。

 

私達は、

母、父、姉、私、旦那、というちょっと異色なメンバーで来たのでそんな話もしながら内覧を進めていきます。

 

 

内覧が終わると、敏腕営業ウーマンの個室に案内されます。

 

スポンサーリンク

 

「い、いよいよ本格的に営業をかけられる…。どうせ高額だろうし、うまく断らなければ。

ゴリ押しされて、帰れなかったらどうしよう。

断った瞬間、優しかったお姉さんの顔が豹変したらどうしよう…。」

 

と、一抹の不安が浮かんできます。

 

しかし、ここで私達は正しく「タイムシェア」について理解することになったのです。

 

タイムシェアについての詳細は以下に書いてみました。

 

タイムシェアとは、一つのリゾート地を1年間のうち1週間単位で購入する不動産商品。

たくさんの人たちがお金を出し合い、一つのリゾートを購入し、購入者たちは1年に1週間、そのリゾートに泊まれる権利をゲットできる、というものです。

 

 

日本ではあまり一般的ではありませんが、欧米ではポピュラーで人気のあるものなんだとか。

 

 

 

内覧が終わり、営業さんのトークが始まっても、営業の女性に一切強引な所はありませんでした。

もしもタイムシェア商品を購入したら、どんなに楽しいハワイでのリゾート生活が待っているか…。

そんな夢の膨らむ話をしてくれて、とても楽しかったです。

 

普通のハワイ旅行に比べて、タイムシェア商品を購入することがいかにお得かという説明も納得できました。

 

タイムシェアは200万円~ほどから購入できるものだったので、一度、家族5人で海外旅行に出かける金額に少し追加すれば買えちゃうくらいの金額だったのです。

 

 

マリオットのタイムシェアを契約したのか…?

 

結局私達は…マリオットのタイムシェアを契約…しませんでした!!

 

 

マリオットのタイムシェアの魅力をすごく感じ、購入したい、してもいいかも。とまで思いました。

私も、姉も母も、購入してもいいかも…と気持ちが傾きかけていました。

 

 

しかし旦那は冷静でした。

 

旦那は、タイムシェアを勧めてくる営業の人に

 

「今回は見送ります!」

 

ときっぱり。

 

お断りをすると、今まで営業してくれていたお姉さんは一旦退出となり、

彼女のボス(上司)がやってきました。

 

上司の人も特に嫌な感じや怖い感じはなく、

 

「営業の○○(名前)に何か不快な点はございませんでしたか?」

 

などとアンケートが始まります。

 

「タイムシェアを購入したい気持ちを1~10とするとどの辺まで行きましたか?」

と聞かれ、

 

姉や母が「うーん6か7かなあ」とか言ってるなか、

旦那がまさかの「2ですね。」

 

…と。営業の人の話、楽しそうに聞いていたのに!!(笑)

 

私、せいぜい6はあると思ってた!!

 

これには、ボス営業さんもびっくり!(笑)

 

「2ですか~!?」と。

 

ちなみに旦那がタイムシェア商品は必要ないと判断した理由も含めて、

後ほどマリオットのタイムシェアのメリットとデメリットをまとめます。

 

 

総合的に判断して、タイムシェア商品は魅力的ではあるものの、「自分たちには合わない」という判断を下したのでした。

 

 

断っても、マリオットの営業さんは豹変したり、契約するまで返さない、ということはありませんでした。

 

 

ただ、タイムシェア商品、私達の想像よりも安かったとはいえ、200万円以上のお金を、ポンっと出すのは難しいですよね。

 

そこで、タイムシェアの購入を一度お断りした後にボス営業さんから、こんな商品の提案がありました。

 

「4泊5日の宿泊体験プランをご用意しております!」

 

…と。4泊5日で確か10万円くらいだったかな。1Rの一部屋。定員は2名~3名の宿泊プランでした。

これで10万円は破格!安い。

ただし、2年以内に来なければいけないとのこと。

 

私と旦那は、もし近々子供を作ったりすれば2年以内に来るのはちょっと厳しいし…とこの体験プランも見送りました。

(旦那は、タイムシェア商品は不要とその場で判断していましたし。)

でも、姉は、この体験プランに申し込みました。

姉は、釣りやダイビングなど海が大好き。だからハワイもとても気に入っていて、タイムシェア商品に関しても一番前向きに購入を検討していました。

 

体験宿泊をしてみて、改めてマリオットのタイムシェアが欲しいと思えば購入したらいいし、

体験してみて不要だったら断っても良いので、迷いがあるのであれば、このプランはとっても良いなと思いました。

 

 

 

 

 

マリオットのタイムシェアはその場で契約しなきゃダメなの?

 

マリオットのタイムシェアの説明会では、その場で契約するか否か。YESかNOか問われます。

 

その場でないと、不動産商品を取引する時にしなければならない説明ができないからなんですね。

 

でも、正直200万円以上の購入する気がなかったものをいきなり購入するのは結構難しいですよね。

購入するにしてもしないにしても、色々じっくりと考えてから決めたいものです。

 

ハワイという非日常の中、テンションに任せて購入したら後悔してしまう金額です。

できれば、後日、日本に帰ってから、自分で情報収集もしつつ、本当に自分にとって有益かどうかを考えたいものです。

 

 

そのためには、私の姉のように、体験宿泊プランをその場で購入して、後日また来たときに判断するという方法もとれます。

 

 

ただ、その体験宿泊プランも契約せずに、日本に帰ってからやっぱり体験宿泊プランだけでも申し込んでおけばよかった…。

と思っても大丈夫だという事を、ついさっき調べて知りました。

 

というのも、こんなものを見つけました。

JALのタイムシェア特別宿泊プラン

JAL経由でも体験宿泊に申し込みができるみたいなんです。

 

もしも、タイムシェアの説明会の後、冷静にタイムシェアが自分にとってお得かお得でないかを考えて、

やっぱり買えばよかったかも!と思ったなら、もう一度このJALのタイムシェア宿泊プランで出かけて、申し込みをするのもいいのかなあ~と思います。

 

 

もし、私達に今後、子供が産まれたとして、家族で旅行を楽しむならやっぱタイムシェアがよかったな~

私も申し込む…かも??

 

マリオットのタイムシェアの勧誘は受けても大丈夫!

 

今回は、ハワイのマリオットのタイムシェアの勧誘を受けて、説明会に行ってきた様子をお話しました。

 

マリオットもタイムシェアも別に怪しいものではなく、人によっては本当に有益でお得な商品だと感じました。

そして、コオリナリゾートの魅力もたくさん。

 

説明会が終わった後は帰りのバスの時間まで海やプールで遊んですごく楽しかったです。

 

営業さんも、コオリナの魅力やタイムシェアの良い所をとても分かりやすく説明してくれました。

そして、強引な勧誘は一切なく、もちろん怖い思いをすることもありませんでしたよ!!

 

ただ、絶対に「NO」と言えない人は、断りずらい…と気まずい思いをする可能性はあると思います。

しっかりといらないものはいらない、と言える人であれば、マリオットのコオリナリゾートへの勧誘は楽しめると思います!

 

私も、もう一度勧誘されたらもう一度行きたいくらい楽しかったですよ~!

 

 

 

 

 

コオリナビーチ以外にもハワイを満喫しました。

楽しかったり、美味しかったり、困ったりした話はこちら

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

スポンサードリンク
書いてる人

 

こんにちは、りっこです。

20代後半アラサー大人女子です。
大人女子?ええ、もちろん、大人☆女子です。
横浜在住の子なし夫婦の二人暮らし^^
お出かけや美味しいもの、演劇鑑賞(キャッツ!)ボードゲームが好きです。

→詳しくはこちら

こちらの記事がよく読まれてます
人気ジャンルをまとめました

旦那と二人で出かけた一泊二日の箱根旅ルートを紹介しながら、 箱根の人気スポットの記事をまとめました。


ハワイでの楽しかったこと、困ったこと、恥ずかしかったことをまとめてみました。


気に入ったボードゲームのレビューや考察など!


ミュージカルCATSの記事をまとめました!
  最近の投稿
こちらから記事を検索できます♪
コメント
ブログランキング参加中
カテゴリー
FOLLOW ME